軍事システムおよびコンポーネントの試験

試験パートナーとして認知されているIB-Lenhardt AG は、通信および短距離レーダーシステムの EMC および RF試験プログラムの設計と提供を行っています。試験プラン作成から最終試験レポート作成まで、弊社のサポートをご利用いただけます。

軍事防衛産業

認定 EMC および RF 試験サービス

兵器および防衛産業は、最高レベルのストレスに耐え、現場で絶対的な正確性、信頼性、および安全性を確保できなければならない、ソフトウェア無線機、ドローン、フュージョンゴーグル、無線遠隔イグニッションシステム、戦術的なオンボード無線機など、ますます多くのハイテクコンポーネントおよびシステムを生産しています。これには、軍事防衛機器の開発、検証、試験に対する最高の要求が伴います。

戦術通信およびレーダーシステムの安全性と操作性に対する軍事環境での特別な影響のリスクを回避するため、軍事防衛システムの試験では、これらの無線通信システムの特性が規格の範囲内であることを確認するために、複雑な手順が使用されます。

防衛通信機器

堅牢性と信頼性は、軍用、戦術用、法執行機関用の無線機にとって重要な要件です。

音声およびデータ通信

あらゆる状況でのコミュニケーション確保

監視

全周波数帯域での無線信号の受信

位置情報

アセットトラッカーのリアルタイムでの位置特定

ナビゲーション

パフォーマンス重視の環境でのナビゲーション

軍事通信および短距離レーダーシステムのフルスコープサービス

  • 軍用規格 (MIL-STD、Def Stan) に対する包括的な EMC および RF 試験方法

  • エンドツーエンドの DAkkS 認定試験設備: 無響室と半無響室、銅製シールド ルーム、グランド プレーン

  • 長年の経験を持つエキスパート・テストエンジニア

  • 防衛規格の検証のための単一ソースの試験ソリューション

  • 包括的なコンサルティングサービス: 軍用機器の認定、契約期限の遵守、コンポーネント検証支援のサポート

弊社のエンジニアは、試験結果を提供するだけでなく、お客様の側に立って、質問や懸念についてのコンサルティングをします。

電磁両立性試験

軍事防衛産業向けEMC 試験

電磁両立性 (EMC) 試験の信頼できるパートナーとして、IB-Lenhardt AG とその子会社である IBL-Lab GmbH は、開発の初期段階で軍用通信システムとコンポーネントの要件を満たすために、軍用規格に従って包括的な EMC試験を提供します

エミッションとイミュニティの分析は、電磁エネルギーの潜在的に望ましくない放射と受信、および干渉に関する情報を提供します。コンポーネントの電磁両立性を確保し、外部ソースに対する脆弱性を軽減するために、EMC試験 は必須です。

長年の経験と包括的な EMC 試験のノウハウにより、プロジェクトの最初からお客様のをサポートします。

無線試験

ハイエンド軍用無線機器

戦術通信無線セグメントで使用される機器は、幅広いアプリケーションと複雑な技術をカバーする必要があります。これらのハイエンドの軍用無線機器を試験するには、単一のアナログおよびデジタルコンポーネントを検証するためのノウハウ、高品質の機器、有能なエンジニアが必要です。

軍用システム、サブシステム、およびコンポーネントのサプライヤに対する MIL-STD 試験の実行には、とりわけ相互運用性および共存テストが含まれます。Rohde & Schwarz社の測定ソリューションにより、最高のパフォーマンスと信頼性を提供します。

AG と IBL-Lab GmbH は、国際規格に準拠したRF認定により、民間または国家のセキュリティ基準への適応を可能にします。

MIL-STD

欧州および国際軍事規格

DEF-STAN 59-41

The requirements of this Standard apply to the limitation of propagated electromagnetic energy, whether conducted or radiated, and to the limitation of the susceptibility of electrical and electronic equipment, sub-systems and systems to such energy.

DEF-STAN 59-411

This Standard outlines the typical electromagnetic environmental requirements for electrical/electronic equipment used in the Services and guidance is given covering documentation which ensures management and control procedures are implemented during all acquisition stages of any given project.

MIL-STD-461

Requirements for the control of Electromagnetic Interference Characteristics of Subsystems and Equipment (11-DEC-2015): This standard establishes interface and associated verification requirements for the control of the electromagnetic interference (EMI) emission and susceptibility characteristics of electronic, electrical, and electromechanical equipment and subsystems designed or procured for use by activities and agencies of the Department of Defense (DoD). Such equipment and subsystems may be used independently or as an integral part of other subsystems or systems. This standard is best suited for items that have the following features: electronic enclosures that are no larger than an equipment rack, electrical interconnections that are discrete wiring harnesses between enclosures, and electrical power input derived from prime power sources. This standard should not be directly applied to items such as modules located inside electronic enclosures or entire platforms. The principles in this standard may be useful as a basis for developing suitable requirements for those applications. Data item requirements are also included.

MIL-STD-462

Measurement of Electromagnetic Interference Characteristics (11 JAN 1993) [S/S BY MIL-STD-461E]: This standard establishes techniques to be used for the measurement and determination of the electromagnetic interference characteristics (emission and susceptibility) of electrical, electronic, and electromechanical equipment, as required by MIL-STD-461

MIL-STD-464

Electromagnetic Environmental Effects, Requirements for Systems (01 DEC 2010): This standard establishes electromagnetic environmental effects (E3) interface requirements and verification criteria for airborne, sea, space, and ground systems, including associated ordnance.

MIL-STD-704

Aircraft Electric Power Characteristics (12 MAR 2004): This standard establishes the requirements and characteristics of aircraft electric power provided at the input terminals of electric utilization equipment. MIL-HDBK-704-1 through-8 defines test methods and procedures for determining airborne utilization equipment compliance with the electric power characteristics requirements defined herein. Electromagnetic interference and voltage spikes are not covered by this standard.

MIL-STD-810

Environmental Engineering Considerations and Laboratory Tests (31-JAN-2019) (65 MB): This Standard contains materiel acquisition program planning and engineering direction for considering the influences that environmental stresses have on materiel throughout all phases of its service life. It is important to note that this document does not impose design or test specifications. Rather, it describes the environmental tailoring process that results in realistic materiel designs and test methods based on materiel system performance requirements. Figure 1-1 summarizes this direction.

MIL-STD-1275

Characteristics of 28 Volt DC Electrical Systems in Military Vehicles (22-MAR-2013): This standard covers the limits of transient voltage characteristics and steady state limits of the 28 volt (V) direct current (dc) electric power circuits of military vehicles.

NATO: AECTP 250, AECTP 500

RTCA: RTCA/DO-160

このウェブサイトはクッキーを使用しています。 それらを使用することにより、あなたはそれらに同意したことになります。

承認