Couple with smart home device

WLAN機器の市場アクセス

IoT、Bluetooth、そして特に WLAN / Wi-Fi などのワイヤレス技術は、機器の柔軟で効率的なネットワーキングに多くの新しい可能性を秘めています。お客様の製品を世界市場に投入するために、弊社はIEEE 802.11 に従って動作する Wi-Fi 機器の試験と認証を行います。

Wi-Fi 7は2024年1月に導入された!正式名称はIEEE 802.11beで、パフォーマンスと安定性がさらに向上しました。Wi-Fi 7の新機能については、こちらをご覧ください。

IEEE 802.11-2016

WLANの規格

IEEE (Institute of Electrical and Electronics Engineers) は、電気工学および情報技術の分野におけるエンジニア、技術者、および科学者の世界的な専門家団体です。 各分野には、標準化に焦点を当てた独自のワーキンググループがあります。

1990 年 9 月、IEEE のワーキンググループは、2.4 GHz の周波数範囲で 1 Mbit/s のデータレートを使用するワイヤレスネットワークの規格に関する作業を開始しました。 これにより、WLAN のプロトコルと伝送方法が生まれました。 1997 年に、2.4 GHz で 2 Mbit/s の規格が IEEE 802.11 として最初に定義されました。

その後数年で、規格に対していくつかの拡張が開発され、5 GHz、6 GHz、および 60 GHz の周波数帯域が連続して追加されました。 現在の規格は、Wi-Fi 6として知られる 802.11ax と、その拡張の Wi-Fi 6E です。 Wi-Fi 7 または IEEE 802.11be は、WLAN の次の進化段階として、すでに出発点にあります。

IEEE 802.11 規格は、イーサネットに基づく最も広く使用されている WLAN テクノロジであり、次の規制試験規格によって補完されています。

国家規格

EU 規制規格

次の規格は、欧州連合で適用され、ETSI (欧州電気通信標準化機構) が開発しています。

欧州 (CE)

  • ETSI EN 300 328
    Measurements for equipment in the 2,4 GHz band

  • ETSI EN 301 893
    Measurements for 5 GHz systems

国際規格

規制コンプライアンスサービス

次の規格は、米国、カナダ、および日本で適用され、FCC (連邦通信委員会)、ISED (イノベーション・科学経済の開発省)、および 技適 (総務省) によって管理されています。

米国 (FCC)

  • FCC Part 15 Subpart C §15.247
    Operation within the bands 902–928 MHz, 2400–2483.5 MHz and 5725–5850 MHz

  • FCC Part 15 Subpart E §15.407
    General technical requirements

  • ANSI-C63.10-2020
    Unlicensed Wireless Devices Compliance Testing

カナダ (ISED)

  • RSS-247
    Digital Transmission Systems (DTSs), Frequency Hopping Systems (FHSs) and Licence-Exempt Local Area Network (LE-LAN) Devices

日本 (技適)

  • ARIB-66
    Second Generation Low Power Data Communication System/Wireless LAN System

R&S TS8997 Wireless measurement system

規制試験

Wi-Fi テクノロジーの試験と認証

IB-Lenhardt AG は、電気製品の試験および認証サービスの世界的なプロバイダーです。 お客様の製品の機能性と相互運用性、および要件への検証と準拠を保証するための包括的なサービスを提供します。

弊社の幅広いサービスには、さまざまな要件と規格に基づく各国認証のためのWLAN / Wi-Fi の規制試験が含まれます。 WLAN / RLAN 試験は、最新の高度に自動化された試験およびラボ設備を備えた子会社IBL-Lab GmbH の DAkkS 認定ラボで適切に実行されます。

弊社の世界的なネットワークを活用してください。そのことで、市場におけるお客様の製品を常に最新の状態に保ち、将来を見据えることができます。

無線周波数

必要なすべての要件と規制を確保する

電磁両立性

信頼性が高く、故障のない機器の機能を保証するために

電気安全

電気製品を安全にお使いいただくために

連絡を取り合おう

IB-Lenhardt AGとIBL-Lab GmbHの専門家がいつでも対応いたします。ご連絡ください!
〒222-0033 
神奈川県横浜市港北区新横浜3-6-12
日総第12ビル6階
+49 6894 38938-99
私たちとつながる

メッセージを送る

FAQ

WLANとWi-Fiについて知っておくべきすべて

WLANとWi-Fiの違いは何ですか?

無線LAN(WLAN)は無線技術を使用してネットワークノードを接続する。無線ローカルネットワークで、2.4GHz ISMバンド、5GHz、6GHz、60GHzの各バンドで動作する。アクセスポイントを介して、より広いインターネットへの接続を提供する。WLANは無線技術の総称である。

一方、Wi-Fiは無線仕様であり、無線LAN(WLAN)の一種である。Wi-FiはWi-Fi Allianceによって開発されたブランド名である。

WLAN規格とは何ですか?

WLAN規格は、ローカル無線ネットワークのメディアアクセスと物理層を規定し、チャネル幅と変調を定義している。WLAN 802.11は1997年に制定された最初の規格で、現在も開発が続けられています。

RLANとはどういう意味ですか?

RLANとは、有線の代わりに無線を使用するローカル・エリア・ネットワーク(LAN)のことで、BluetoothやDECT、GSM、UMTSなどの無線ベースのネットワークの総称である。携帯端末とアクセスポイント間の接続は、無線LANを介して確立することができる。つまり、モバイル端末はイーサネットの一部となり、プリンター、サーバー、インターネット接続など、接続されたすべてのデバイスにアクセスできる。インフラがない場合は、複数の携帯端末間のデータ交換を目的として直接接続を確立することもできます。

現在のWLAN規格はどれですか?

Wi-Fi 7は2024年1月以降の現行規格である。略称は標準化された呼称IEEE 802.11beを指す。Wi-Fi 6の後継として、Wi-Fi 7は大幅に強力になり、より高速な伝送とより高いデータスループットを提供する。Wi-Fi規格は、多くのエンド・デバイスが並行して使用できるように設計されている。

IoTとは何を意味するのか?

モノのインターネット(IoT)は、物理的および仮想的なオブジェクトのグローバルなネットワーク化を可能にする。これには例えば、脈拍を測ったり歩数をカウントしたりするフィットネス用リストバンドなどのウェアラブル、ネットワーク化されたデバイス、「スマートホーム」や「コネクテッド・カー」分野のアプリケーション、あるいはインダストリー4.0のM2M通信(「マシン・ツー・マシン」)などが含まれる。

IoTは、デジタルトランスフォーメーションを強力に推進する、まだかなり新しい技術である。

ビジネスドレスの女性

お問い合わせ

市場アクセスのための専門知識

IB-Lenhardt AG は、お客様のWLAN 製品の認証のための適合性評価について、プロセス全体を通してお客様をサポートします。時間とコストを節約するため、弊社の有能なスタッフは、始めから包括的なアドバイスを提供します。

お客様の製品を市場に投入するための有利なスタートを切ることができるように、カスタマイズされた Wi-Fi 試験ソリューションをお客様と一緒に開発します。必要とされる試験については、弊社の子会社である IBL-Lab GmbH のエキスパートによる、優れたノウハウと最先端の技術機器を活用いただけます。

このウェブサイトはクッキーを使用しています。 それらを使用することにより、あなたはそれらに同意したことになります。

承認