KC認証

KC 認証は、韓国での製品の市場参入を成功させるための鍵です。 IB-Lenhardt AG のサポートにより、お客様はこの目標をより迅速かつ安全に達成できます。 弊社のエキスパートの長年の経験と、子会社である IBL-Lab GmbH の優れた試験サービスをご利用いただけます。
Shopping street at night in South Korea
KC Mark

韓国市場認可

無線および電気通信製品の KCマーク

韓国は世界有数の工業国です。当然、さまざまな製品の安全性に関するすべての関連要件を規定する規格および法的規制が適用されます。無線および電気通信製品で韓国市場に足場を築くには、すべての仕様が満たされていることを証明する必要があります。 IB-Lenhardt AG の経験豊富なエキスパートが必要な認証取得をサポートします。それにより、大幅な時間とコストを節約できます。

韓国市場へのアクセス

無線技術を備えた製品は、自動車、機械、産業機器、個人使用の機器でよく見受けられます。無線データ送信により、スイッチやドライブのリモート制御、技術プロセスの制御、および情報処理・交換が可能になります。使用周波数帯と送信エネルギー量は、安全性にとって最も重要な要素です。これは、健康被害に対する保護と、電波の範囲内での他の機器への意図しない電磁干渉によるリスク回避の両方に適用されます。韓国市場で販売されるほぼすべての無線および電気通信製品には認証が必要です。これらは、韓国規格の要件に従って、電磁両立性と機械的および電気的無害性を確認しています。

IB-Lenhardt AG の認証サービスは、全製品範囲で利用できます。これには、短距離機器 (SRD: Short Range Devices)、データメモリを読み取るための無線周波数識別 (RFID: Radio Frequency Identification)、および産業、科学、および医療の高周波機器 (ISM: Industrial, Scientific and Medical Band)が含まれます。

弊社のサービス

IB-Lenhardt AG のエキスパートのサポートにより、韓国市場での製品の認可プロセスを大幅に加速できます。豊富なプロジェクト成功体験と、無線機器に関する深い専門知識によるものです。設計開発段階では、特定の製品が韓国で満たさなければならない要件について包括的なアドバイスを提供します。事前適合性試験 により、後でコストのかかる変更を行う必要がなくなります。

弊社の認定試験ラボは、すべての技術的特性と機能に対する完全な試験を実施しており、これが認証の基礎となります。また、申請プロセスや製品ラベルの正しいデザインに関するサポートもします。弊社の専門スタッフに連絡して、お客様の製品の認証を確実なものにしてください。

KC認証の背景

KCは韓国認証(Korea Certification)の略です。韓国では、無線および電気通信製品の市場認可が必要です。この認可は、現地当局による認証が正常に完了した後に受け取れます。韓国労働省は、認可の根拠となる認証制度を確立しました。それには、製品が健康と安全に関する国家基準の要件を満たしていることを確認するための通知認証機関が必要です。

韓国では、これらは、韓国産業安全衛生公団 (KOSHA: Korea Occupational Safety and Health Agency)、韓国産業技術試験院 (KTL: Korea Testing Laboratory)、韓国ガス安全公社 (KGS: Korea Gas Safety Corporation) です。韓国通信委員会 (KCC: Korean Communications Commission) は、無線および電気通信製品の認証を担当しています。 IB-Lenhardt AG は、KCC とは数年間にわたる協力関係を持っています。韓国市場の認可は、欧州連合における CE マークに相当する KC マークによって製品に示されます。

よくある質問

KCマークについて知っておくべきこと

KCマークの意味は?

製品上のKCマークは、安全性と電磁両立性に関する国家規格すべての要件が満たされ、認証が正常に完了したことを示しています。これは、韓国での認証と市場アクセスの前提条件です。

KC認証プロセスはどのように機能しますか?

製造業者が韓国規格に従って製品試験を実施し、文書化した後、会社登録と認証申請ができます。次に、必要書類と参照機器を韓国の通知認証機関に提出します。認証は、文書精査、製品試験、製品評価、および特別な安全要件 (防爆など) の場合は、製造業者の敷地内での監査で構成されます。プロセスに合格すると、当局は認証書を発行します。

申請に必要な書類は?

認証申請に必要な書類は、申請書と会社登記証明書に加えて、韓国規格に準拠していることを示す書類が含まれます。これには、設計文書、回路図、PCB配置図、韓国語の製品説明または操作マニュアル、および試験レポートが含まれます。

誰がKCマークを貼付しますか?

認証された製品の製造業者は、韓国の認証マークを貼付しなくてはなりません。製品が技術システム(車両、機械、工場)のコンポーネントである場合、それぞれのコンポーネントの製造業者が、申請およびマーク貼付する義務があります。

KCマークはどのように貼付しますか?

マークは、製品の表面およびパッケージに刻印または印刷します。これは、韓国認証のシンボルと適合性評価の保有者、製品名、モデル名、製造年、製造者名、製造国の表示で構成されています。この情報は韓国語で提供されます。さらに、指定されたキーの後に識別番号を提供する必要があります。

サポートを受けましょう

韓国市場での成功

IB-Lenhardt AG は、KCマークおよび認証の適合性評価の実施について、全行程を通じてサポートいたします。時間とコストを節約するため、弊社の有能なスタッフは、始めから包括的なアドバイスを提供します。

製品を市場投入する際に有利なスタートを切ることができる実行可能なコンセプトをお客様と一緒に開発します。電気安全、電気通信、および電磁両立性分野で必要とされる試験については、弊社の子会社である IBL-Lab GmbH のエキスパートによる、卓越した専門知識と最先端の技術機器を活用いただけます。

最善の方法は、すぐに弊社スタッフに連絡いただくことです。

お問い合わせ

このウェブサイトはクッキーを使用しています。 それらを使用することにより、あなたはそれらに同意したことになります。

承認